非正規労働の求人について

日本における正社員の比率は下がりつつあり、最近の課題として高学歴の非正規社員の比率が高まることがあります。もちろん求人市場においてあえて正社員になるのではなくどんどんステップアップをするために期間限定で非正規社員になる事はあるかもしれませんが、こうした事例を除いても非常に求人事情は非正規社員の比率が高いのが実態です。

実際には社会が待っている以上この実態が間違っているとは言えません。しかしながら正社員に比べて待遇が非常に低く、福利厚生も厳しい状況では結果的に日本経済にお金が落ちることがなくなりますのでマイナスではないでしょうか。
ですからこれからの求人使用においては正規社員の比率を増やすだけではなくどうしても減らすことができない非正規社員の雇用の待遇を上げることで日本経済の循環を良くすることが大きなポイントになってきます。
もちろん、冒頭に挙げた通り正規社員のステップアップのために期間限定で非正規社員として雇用されることもあるし求人市場が増えることもあるでしょう。あくまでもこれはイレギュラーであることを忘れず、あくまでもステップアップをした上で正規社員を目指すことが大きなポイントになってきます。