しょう油と重油の違いもわからない重油の素人

tanker24しょう油とラー油の違いくらいは分かっているつもりですが、軽油と重油の違いはほとんど認識していませんでした。何しろ軽油を見たり扱ったことはあっても、実際に重油を身近に見たり、取り扱ったりした経験がまったくなかったのですから。

重油は粘度がとても高い燃料だそうですが、軽油が混ぜられたA重油の映像を見てみると、粘度が高い様子はなくて、薄口しょう油程度にしか見えませんでした。実際にお刺し身に付けて、わさびを乗せて提供してもバレなそうだ、なんてことを思うほどです。

C重油のほうを映像で見てみると、加熱したり撹拌した状態だと、なんていうかとんかつソースかカレールウみたいな印象でした。C重油の色は原油そのものかのように真っ黒です。これはご飯にかけたらカレーだとは説明できそうになかったです。

重油が実際のところ、何に利用されているかといえば、A重油は一般の農耕機、小型の船舶、小型ボイラーだったりということです。B重油やC重油の場合には、大型船舶、発電所、大型ボイラーみたいな用途です。こうしてみると確かに専門職に付いていなければ、重油には軽々しく接することがないのは当然のことでした。

世の中は調べてみないと事実がわからないことだらけですが、今回はしょう油と重油違い以上に重油について認識できたと思います。