車いすでの介護タクシーの利用

kaigo-taxi24 後期高齢者の祖母の自宅からの通院時、介護タクシーを利用しました。祖母は歩くことができませんので車いすでの移動になります。
 自宅からの通院の際には、予約時間に運転手さんが自宅玄関まできてくれ、祖母の乗った車いすを家の外に運び出してくれました。

運転手さんは一人でしたので、家族が手伝いましたが、運転手さんが車いすのどこをもてばいいのか指示してくれましたのでスムーズに移動できました。タクシーにはリフトがついており、車いすに乗ったまま安全に車に乗ることができます。車に乗ると、運転手さんが祖母にシートベルトをかけてくれました。認知症のある祖母はなれないタクシーに不安がりましたが、運転手さんが優しく「大丈夫ですよ」と声をかけてくれ安心したようでした。付き添いの家族にも暖房が暑くないかなど気を使ってくれ、祖母と話をしながら快適に移動することができました。病院に着き、料金を支払うと、運転手さんが「リフトでおばあさんをおろして、待合室までお連れしますのでご家族は先に受付をされてください。」といってくれました。受付の際に祖母から目を離すことになるとやはり不安ですのでとても助かりました。受診が終わると同じ介護タクシー会社に電話し、帰宅のためにまたタクシーにきてもらいます。運転手さんが待合室からまた車いすを押してくれ、祖母に「疲れませんでしたか?」などと声をかけてくれました。自宅に無事到着し料金を払い、家の中への車いすでの移動を運転手さんと家族で行いました。
 歩くことができず、認知症のある家族との通院に不安がありましたが、運転手さんが常に気を使ってくれたおかげで、安心して受診ができました。